FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大運動会参加PT

ポケモン持ち物技1技2
技3技4
クレセリアオボンの実サイコキネシス神秘の守り威張るトリックルーム
メタグロスラムの実コメットパンチ思念の頭突き地震守る
ローブシンキーの実ドレインパンチ岩雪崩マッハパンチ見切り
水ロトムこだわりメガネ10万ボルトハイドロポンプボルトチェンジめざ炎
サザンドラきあいのタスキ流星群悪の波動火炎放射守る
トゲキッスこだわりスカーフエアスラッシュ熱風このゆびとまれトリック


最近ポケモンから離れていた自分がふーkオフのKPを見て組んだPT。大会前の対戦会では6勝0敗、大会では3勝1エラーという成績(何試合かこのPTを使っていない試合もあった)だった。
大会結果はグループB優勝で全体ではベスト8であった。
しばらく忙しく、ポケモンをやる時間をあまり取れなさそうなためPT晒し。いつもは適当な説明ですが、今回は詳しめに書いたので、是非見てやってください

<PT構築動機・コンセプト>
 クレセ・グロスを軸としたスイッチトリパと言われる部類に入るPTである。まず電磁波ではなくトリックルームを採用した理由について述べる。
第1にクレセリアの仕事とは、これは個人的考えかもしれないが、Sを逆転させつつ物理アタッカーの火力を上げることだと思っている。電磁波を巻くだけであれば、スカーフロトムやラティアスやボルトロスに任せた方が、相手の身代りや神秘の守りの影響を受けにくいため効率的である。クレセリアを使う以上トリックルームや電磁波を駆使して、Sを逆転させるだけでなく、その耐久を生かして物理アタッカーの火力UPまで持っていきたい。

それを踏まえて上で、現在の環境下では、自分は電磁波を巻くクレセリアを軸にしたPTよりもトリックルームを軸にしたPTの方が使いやすいと思っている。その理由は4つある。
1つ目はクレセリアに打点を持てるポケモン(雨アタッカー、バンドリ、サザンドラ、シャンデラ、ウルガモスなど)が増えたことである。電磁波を巻いて、味方の物理アタッカーのAをあげるにはかなりのターン数が要求されるわけであるが、そこまで持っていく時間が依然と比べてかなり短くなったと言えるわけである。

2つ目は1つ目の理由にも関係するのだが、クレセリアに打点を持てるポケモンはSが早いポケモン多く、加えてSさえ逆転してしまえばメタグロス・ローブシンで簡単落とせるポケモンばかりであるという点である。つまりクレセリアを警戒して、出してきたポケモンをトリックルームという技1つで逆に返り討ちにできる可能性が高いのである。

3つ目はトリックルームに比べて、電磁波は防ぎやすい点である。例えばクレセリアより早いポケモンが、神秘の守りや身代りで電磁波を対策している場合はかなり多く、またラムの実を持たせるだけで1度は電磁波を無効にすることができる。
つまりクレセリアで電磁波を巻くには周りのフォローがかなり求められる。
一方トリックルーム自体の発動を止めるには、挑発するか、クレセリアを集中砲火で落とすしかない。加えて、挑発もメンタルハーブを持っていたら無駄になるわけである。
最もトリルクレセへの有効な対策はスカーフトリックであるが、それさえすかせばことができれば、かなり安定してSを逆転しつつ、物理アタッカーの火力を上げることが可能になる。

4つ目は対トリパと当たった場合である。電磁波クレセが対トリパと当たった場合、威張るや電磁波で事故に期待するしかない。しかしその電磁波や威張るも対策されている可能性が高い。なぜならトリパにとって、最遅モロバレルのキノコの胞子で眠らせれてしまうわけにはいかないため、その対策は必須なためである。味方の物理アタッカーへの威張るも、大前提としてあるSを逆転させることはできないし、クレセリアの方がトリル環境下では動くのがあとなため、それも難しい。
一方トリルクレセの場合ははるかに柔軟に対応できる。トリル構築なため、当然Sが遅いポケモンも入っているし、それでも相手の方が遅い場合はトリックルーム返しを決めることもできるからである。

以上がスイッチトリパ構築にした理由であり、もちろん実質4ターンというターン制限はあるが、現環境下で電磁波クレセで勝つのは難しいと判断し、クレセ大好きな自分としてはクレセリアは入れたいため、このような構築にした。

もう1つ意識したのはクレセリアを選出しなくても立ち回れる構築である。本当に現環境はクレセへのメタが厳しいため、選出したら厳しい場面も多々あるためである。PTメンバーを見てもらえば分かるように、メタグロス・ローブシン以外はスイッチトリパとしてはかなりSが早い。またメタグロス・ローブシンも別にクレセと組み合わせなくても十分に戦えるポケモンである。クレセリアを出せない場合を想定してこのような形をとった。


<クレセリア>

実数値 223-x-167-95-176-81
・A200ハッサムの手助け虫食い耐え
・C182ラティオスの眼鏡流星群1.5耐え

 PT構築動機・コンセプトの章でトリックルーム・神秘の守り・威張るを採用した理由については詳しく述べたので、省略。攻撃技についてはローブシン、カポエラー、テラキオンが増えていると判断したためサイコキネシスにした。サイコキネシスにしたので、珠流星群耐えのサンダーの身代りを割れるように調整することも考えたが、そもそも最近は眼鏡流星耐えまでしているサンダーも多いし、他にCにふる利点があまりないと思ったので、努力値配分は耐久全振りにした。

 また冷凍Bを切ったことで、ラティオス、ガブリアス、ボーマンダなどがきつくなってしまったが、まずガブリアスはこのPTに対してまず出てこない。なぜなら最近のガブリアスは砂パに入ってるというよりは砂パへのメタとして入ってる場合が多く、またこのPTは浮いてるポケモンが4体もいて、ガブリアスが苦手とするクレセリアとローブシンもいるため選出する理由があまりない。そのためガブリアスはまず問題ない。他の2体についてもそもそも早いポケモンであり、トリル下で自由に動けるポケモン出ないため特に問題ないと判断した。それ以上にトリル下で厄介なカポエラーやローブシンに打点を持てる方が有益であろう。またキングドラの身代りをサイコキネシスなら確定で割れることも大きなメリットである。
 
 持ち物でメンタルハーブを持たせなかったのは、自分の立ち回り上クレセを先発で出すことが少ないのと、また現環境で挑発を使うポケモンがギャラドス・テラキオンとトルネロスとエルフーンくらいしか思い浮かばなかったし、トルネロス・エルフーンはそもそもめったにいないので単体での挑発対策は必要ないと判断した。相手からしてもメンタルハーブを持たせることの多いクレセリアに挑発を打つのは勇気のある行動であるし。PT全体としてはトゲキッスで一応どうしても1ターン目からトリックルームを貼りたい場合にも対応できる。
 残飯はすぐにアイテムがばれてしまうし、クレセに打点を持てるポケモンが増えている関係上オボンの実が最も効果的と判断した。

<メタグロス>
実数値 187-178-150-x-136-82
・キングドラの雨珠ハイドロポンプ確定耐え
・S クレセ+1

 説明不要なポケモン()だと思うので攻撃技と持ち物の選択理由だけ。まずクレセリア・ラティオスへの打点としてコメットパンチは外せない。普段はこれに思考停止できる岩雪崩とSを下げれるアームハンマーを採用していることが多いのだが、この2つの技はローブシンと範囲が被る。また雨パに対してアームハンマーと岩雪崩では打点が足りないため、A2UP思念でルンパッパを確1、キングドラを乱数1にできる思念の頭突きを採用した。この技を採用したことで、ロトム・トリトドン・ブルンゲル・ギャラドス・サンダーなど一般的にグロスに強いとされるポケモンへの打点を確保することができた。もう1つの技は全体技が欲しかったのと、せっかく浮いてるポケモンが4匹もいるので、命中100%の地震を選択した。
 持ち物でラムの実を持たせたのは、クレセリアでゆっくり神秘の守りから威張るへつなげるのは厳しいので、即効性が欲しかったのが理由である

<ローブシン>
実数値 212-176-116-x-117-45
・勇敢HDぶっぱw

 普段自分はこの枠に猫だましでトリルサポートができて、A2UPドレパン・噛み砕くでアタッカーにもなれるズルズキンを採用していた。しかし、ふーkオフのKPでローブシン・カポエラー・テラキオンがかなり増えていると感じたため、ローブシンに変更した。ただクレセの方が早いため、トリル下でローブシンが先に動いてしまうため、Aを2段階上げるには工夫が若干求められる。あとはトリルが切れた後もマッハパンチで圧力をかけれるのも大きな魅力である。勇敢にしたのは生意気ローブシンを持っていなかったから、やはりドレインパンチで回復量を増やせるし、種族値的にAに補正をかけたいからである

<水ロトム>
実数値 157-x-128-156-142-106
・眼鏡10万ボルトで187-133メタグロスを確2
・眼鏡めざ炎でH252ナットレイを最低乱数以外落とせる
・C182ラティオスの珠流星群耐え
・クレセリアのサイコキネシス+眼鏡10万ボルトでH4キングドラを落とせる

  雨パ・グロス・霰パの水枠対策枠。個人的に耐久と火力が両立できている電気ポケモンにメガネを持たせるのがマイブームw 基本火力がかなり高いためかなり爽快だし、例えば眼鏡ボルトチェンジで相手を削りつつ、トリルアタッカーやクレセリアにつないだりするなど器用な動き方もできる。特に対トリパに対しては、ボルトチェンジで大ダメージを与えつつ、ローブシンやクレセリアといったトリル環境下で動きやすいポケモンにつなげられるのがすごく強い。

 めざ炎を採用したのは、ナットレイ・ユキノオー・トリトドン入りのハッサム意識である。
ユキノオーについては先に動けるかわからないが、ユキノオーの強さは必中吹雪にあると思うので、草技を誘発して1回受けつつ、めざ炎をくらわせることができればかなりのアドとなると思っている。また霰パにはかならずといっていいくらい水ポケモンが入ってくるため、氷を半減しつつ、高火力な電気技が使える眼鏡ロトムはかなり刺さるはずである(

<サザンドラ>
実数値 168-x-110-177-110-165
・臆病CSぶっぱw
 
 クレセ軸のPTを使う上でサザンドラは龍枠として非常に便利である。クレセグロス軸のPTで相性が悪く、また数も多いシャンデラに滅法強いからである。それだけではなく、相手トリル起動役にも悪の波動で打点を持て、さらには2割の怯み効果までついているのである。さらにはPT全体として強いとは言えない各種ロトムにもつよく、またタスキなので、対龍相手にも強気に動くことができ、現環境のトップメタの雨パに対しても水・電気・草といった主力技を半減でき、炎技で相手の鋼にも打点がもてるといった具合に、PT補完性は非常に高い。臆病にしたのは控えめサザン産むのがめんどかったから 控えめだと最速クレセリアと同速だし、控えめボーマンダもまだいるかなーと思ったからである。

 しかし、この枠にラティアスも面白いと自分は思っている。やはり雨パに対して、天候を変えれないのは不安であるし、ロトムにめざ炎を入れたので、ラティアス・ロトムを並べて、出てきたハッサム、ナットレイに対してどや顔で晴れ眼鏡めざ炎を打ちかますことができるからである。サザンドラの場合は炎技が入っているのは当然であるため、ナットレイやハッサムが動かないこともあり、めざ炎をすかされる可能性があるのが若干気がかりである。
ただ、やはりPT補完的にはサザンドラの方が優秀なため今回サザンドラを採用した。

<トゲキッス>

実数値 191-x-115-142-135-145
・臆病HSほぼぶっぱw

今回猫だましもちがPTにいないので、代わりのトリル発動サポート要員として、採用した。スカーフこの指とまれは雨下のルンパッパの猫だまし以外では止めることはできない。まためんどくさいポケモンにエアスラで運げーに持ち込むこともできる(
炎技については火力不足なのはあるが熱風を採用した。このPTでは相手を状態異常にさせる技がないため、2割やけどをダブルで狙えるのが魅力的であったためである。Sはシャンデラと同じ種族値80であるため最速。スカーフシャンデラは控えめでないと、ラティオスをシャドーボールで落とせないのもあって控えめなことが多いため、気軽にエアスラ怯みを狙うことができる()。
持ち物についてはこのPTではスカーフ1択。なぜならスカーフでないと、スカーフドーブルのダークホールで非常に厳しい状況に追い込まれるからである。キッスがいることで、猿ドーブルなどにも対応することができる。

この枠をラティアスにすることも考えたが、雨パには有利になるが、スカーフドーブル初めきつい相手も増えるので、今回はトゲキッスでいくことに。
 ただこのPTはがちがちなトリパではないため、トリックルーム始動のためにキッスを犠牲にするようなプレイングは基本的にしない。つまりエアスラ運ゲーとスカーフトリックをするのが主な仕事となるため、選出回数はかなり少なめになることが多い。

<バトルビデオ>
運動会準々決勝では1ターン目にロトムがライコウのジュエル雷急所で落ちたところでエラーが出てしまい、
不利になったから切断したと思われるのもあれなので、勝ちを譲ったためバトルビデオをとることができませんでした。
なので唯一記憶した、わんださんとの対戦ビデオだけ。5月の大会の決勝で負けていたのでKIAIを入れて臨みましたw

94-17639-39053

わんださんのPT:ユキノオー クレセリア シャンデラ サンダー カイリキー ドサイドン

サザンドラ 水ロトム ローブシン メタグロス VS  サンダー カイリキー クレセリア シャンデラ

わんださんのPTは最近では珍しい、ガチトリパ構築のPTだと思われる。この手のPTでは1ターン目からトリックルームするのは普通であると思ったので、トリパ始動役に刺さるサザンドラと、ボルトチェンジで相手より遅いローブシンにつなげることができるロトムを選出したが、先発でトリル始動役は出てこなかった(  クレセリアは入れても良かったかなーとちょっと思いましたが、クレセへの打点とカイリキーの爆裂パンチで事故るのが怖かったので、ラムを持ってるグロスを選出。

相手のサンダーの熱風が急所に当たらなければ思い切った読みする必要もなかったんですが、当たってしまったためかなり厳しい戦いに。サザンドラさんは1回くらいサンダーを怯ませてください()って感じでした。

全体としては、序盤でクレセリアがかなり削れたため、トリックルームするのも難しいし、サンダーさえ落とせば全員遅い!ということでサンダーを早めに落とせたのがよかったかなと思います。最後ロトムの技は何にするかすごく迷ったんですが、まぁ浮いてるの4体いるのにドサイドンは選出してないだろうなと思ったので、10万ボルトを選択。 ラストがシャンデラでウマーって感じでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。